« 平成23年度霞が関インターンシップの実施について | トップページ | 【東京】1類B(大卒程度)第2次試験合格発表 »

2011/07/04

大卒就職率、確定値91% 氷河期より悪く最低に

文部科学省と厚生労働省は1日、今春卒業した大学生の就職率(4月1日現在)の確定値を91.0%と発表、比較可能な1996年度以降で最低となった・・・。東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県分を含まずに5月に発表した暫定値を0.1ポイント下回った。</p> <p> 就職率は前年同期より0.8ポイント減。就職氷河期と呼ばれた2000年も0.1ポイント下回り、過去最低を更新した。採用内定を得られないまま卒業した学生は約3万3千人にのぼるとみられる。男子は91.1%、女子は90.9%。文系は90.5%、理系は93.1%だった。</p> <p> 地域別に見ると、北海道・東北地区は0.1ポイント減の89.2%。今年2月時点の内定率は前年同期を上回っていたが、被災3県の落ち込みが大きく、文科省は「企業も学生も採用や就職活動ができなかったためではないか」と分析している。</p> <p>2011/7/1 21:59
(続きを読む)(日本経済新聞110701)(東京都発行東京都職員採用情報第71号110610より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第103号110614より転載許諾済)

┏━━━━━┓
┃公務員情報┃
┗━━━━━┛
│■国家公務員採用試験案内■ (人事院管轄)
│■国家公務員採用試験案内■ (人事院以外)
│■地方公務員採用試験案内■ (㈶地方自治情報センター)
└──────

|

« 平成23年度霞が関インターンシップの実施について | トップページ | 【東京】1類B(大卒程度)第2次試験合格発表 »

企業動向関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成23年度霞が関インターンシップの実施について | トップページ | 【東京】1類B(大卒程度)第2次試験合格発表 »