« 国家公務員に夏のボーナス 平均56万4800円、2.2%減 | トップページ | 大卒就職率、確定値91% 氷河期より悪く最低に »

2011/07/04

平成23年度霞が関インターンシップの実施について

人事院では、公共政策大学院や法科大学院の学生を対象に、行政の現場や政策 決定など行政事務に係る就業経験の機会を付与することを通じて、これら大学院 の教育に協力するとともに、行政に対する理解を深めてもらうことを目的に、各 府省と連携して、霞が関インターンシップを実施しています。
このうち、公共政策大学院生インターンシップは平成19年度から、法科大学 院生インターンシップは平成21年度からそれぞれ実施しており、これまでに公 共政策大学院生166人、法科大学院生102人が参加しています。(法科大学 院は夏季と冬季の年2回実施)
今般、本年度の各インターンシップにおける各府省の受け入れが次のとおり決 定した。実習期間は、概ね2週間程度であり、今後、7月中旬から9月下旬にか けて、各府省(本府省)において研究課題ごとに実習が行われます・・・
(続きを読む)(人事院110701)(東京都発行東京都職員採用情報第71号110610より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第103号110614より転載許諾済)

┏━━━━━┓
┃公務員情報┃
┗━━━━━┛
│■国家公務員採用試験案内■ (人事院管轄)
│■国家公務員採用試験案内■ (人事院以外)
│■地方公務員採用試験案内■ (㈶地方自治情報センター)
└──────

|

« 国家公務員に夏のボーナス 平均56万4800円、2.2%減 | トップページ | 大卒就職率、確定値91% 氷河期より悪く最低に »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国家公務員に夏のボーナス 平均56万4800円、2.2%減 | トップページ | 大卒就職率、確定値91% 氷河期より悪く最低に »