« 子どもの人口:29年連続減、全体の13.3% 過去最低(毎日新聞100505) | トップページ | 国家公務員:新規採用4割減 21日閣議決定(毎日新聞100521) »

2010/05/13

国家公務員キャリア採用2割減へ、総務省が通知(読売新聞100513)

2011年度の一般職国家公務員の新規採用数を09年度採用実績比で「おおむね半減」させる政府目標の達成に向け、総務省が各省庁に通知した採用種別の抑制案が判明した・・・。</p> <p><br />  新規採用数について、本省で政策の企画立案を担う幹部候補の1種(キャリア官僚)と、本省の2種はいずれも09年度実績より2割削減、地方の出先機関では原則8割削減としている。総務省は、これで新規採用数は4500人強に抑えられ、09年度実績(9112人)の半減が可能と見ている。</p> <p> 渡辺周総務副大臣は12日の衆院内閣委員会で、新規採用の半減を15年間継続した場合、国家公務員総人件費を計約2500億円抑制できるとの試算を明らかにした。今回、明らかになった案に基づけば、「2割削減」とした本省の1種と2種はそれぞれ、新規採用を約400人、約340人に抑える計算だ。このほか、専門知識を活用して行政サービスを提供する専門職種などは5割削減とし、出先機関の1種と2種、高卒で受験できる本省・出先機関の3種は8割削減とした。これは、民主党の政権公約(マニフェスト)で、出先機関の原則廃止を掲げたことを踏まえたものだ。</p> <p>(2010年5月13日03時02分 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞100513)
(東京都発行東京都職員採用情報第30号100319より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第74号100328より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 子どもの人口:29年連続減、全体の13.3% 過去最低(毎日新聞100505) | トップページ | 国家公務員:新規採用4割減 21日閣議決定(毎日新聞100521) »

公務員関連」カテゴリの記事

立法・行政関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもの人口:29年連続減、全体の13.3% 過去最低(毎日新聞100505) | トップページ | 国家公務員:新規採用4割減 21日閣議決定(毎日新聞100521) »