« 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」の開催について(人事院人材局100408) | トップページ | 【秋田】東京で大学生らの県合同就職面接会 就職活動中の64人参加(秋田魁新報100415) »

2010/04/14

【富山】富山県警の採用熱く OB訪問や時期前倒し(富山新聞100414)

団塊世代の大量退職時代を迎え、富山県警の採用活動が活発化している。優秀な人材の 確保に向け、出身大学などの後輩を勧誘する採用リクルーターの活動のほか、今年から後 輩が先輩を訪ねるOB訪問の受け入れも始めた・・・。先輩が警察官のやりがいなどを分かりや すく紹介することで、より多くの志望者の確保につなげようと、採用活動の開始時期を早 める動きも顕著になっている。<br />  「県民の安全安心を確保する、やりがいのある仕事。ぜひ受験してほしい」3月9日、 OB訪問で初めて県警本部を訪れた高崎経済大3年の男子学生(21)=富山市出身=に 、同大OBの長谷臣康警務課人事係長(37)が熱く語った。長谷係長から警察学校での 生活や採用試験などの説明を受けた男子学生は「情報誌などでは得られない警察の仕事が 詳しく分かり、ためになった」と話した。</p> <p> 県警ではここ10年で約800人のベテランが退職する見通しで、若手の早期戦力化を 図るためにも、優秀な人材の確保が喫緊の課題となっている。</p> <p> 県警警務課によると、不況に伴う公務員人気の高まりで、警察官志望者も最近、増加傾 向が続いている。ただ、民間企業が優秀な人材確保に向けて内定時期を早める動きも出て おり、県警幹部は「より積極的な人材確保策を講じなければ、警察力や治安の低下を招き かねない」と危機感を募らせる。</p> <p> このため県警は、今年から採用活動の開始時期を従来の5月から2月に前倒ししたほか 、OB訪問の受け入れも始めた。若手警察官約100人による採用リクルーターも精力的 に動いており、富大や金大、新潟大などに応募要項やポスターを設置したほか、所属して いた部活動やサークルの後輩に声を掛けるなど、きめ細かい活動を進めている。</p> <p> 県警は「積極的な採用活動を進め、多くの学生に警察官のやりがいや魅力を伝えていく 」(警務課)としている。<br /> 【4月14日01時18分更新】
(続きを読む)(富山新聞100414)
(東京都発行東京都職員採用情報第30号100319より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第74号100328より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」の開催について(人事院人材局100408) | トップページ | 【秋田】東京で大学生らの県合同就職面接会 就職活動中の64人参加(秋田魁新報100415) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」の開催について(人事院人材局100408) | トップページ | 【秋田】東京で大学生らの県合同就職面接会 就職活動中の64人参加(秋田魁新報100415) »