« 「トップがばかなら国持たぬ」 首相が新官僚に訓示(産経新聞100408) | トップページ | 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」の開催について(人事院人材局100408) »

2010/04/09

阿波おどりは基本教養、徳島市新人職員が研修(読売新聞100409)

徳島市が行政事務職などで今年度新規採用した職員40人が7日、研修で阿波おどりを体験した・・・。</p> <p> 34人は県内出身だが、全体で20人が未経験だったといい、市は「徳島市職員の基本教養の一つ」として学ばせた。</p> <p> 市は、阿波おどりが地域の重要な伝統文化で、「徳島市の職員は、県外の人からは全員が踊れると思われがち」――などを理由に、17年前から新人研修に演習を導入しているという。</p> <p> 有名連所属の市職員が講師を務め、阿波おどりの歴史や作法を講義。新人職員たちは、先輩からリズムの取り方や足の運び方を教わり、間違った動きを注意されながらも、それぞれ楽しんで学んだ。馬越和也さん(29)は愛媛県今治市出身で今回が初体験。「運動不足できつかったが、市民と触れあう機会にもなるので、夏はぜひ参加したい」と話した。</p> <p>(2010年4月9日09時25分 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞100409)
(東京都発行東京都職員採用情報第30号100319より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第74号100328より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 「トップがばかなら国持たぬ」 首相が新官僚に訓示(産経新聞100408) | トップページ | 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」の開催について(人事院人材局100408) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「トップがばかなら国持たぬ」 首相が新官僚に訓示(産経新聞100408) | トップページ | 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」の開催について(人事院人材局100408) »