« 国家公務員採用、大幅な抑制も…総務相表明(読売新聞100321) | トップページ | 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」のお知らせ »

2010/03/26

前原国交相:採用説明会出席へ 「官僚やはり重要」PR(毎日新聞100326)

国土交通省が4月5日に11年度の採用説明会を開催し、前原誠司国交相が出席して自ら人材獲得に乗り出すことが25日、分かった。大臣が直接、新規採用にかかわるのは異例・・・。民主党の「脱官僚主導」で、優秀な学生が集まりにくくなることが予想されるため、知名度を生かした「トップセールス」をする。</p> <p> 国交省内で開く説明会では、前原国交相が大学生などに(1)「政治主導」の中での国家公務員の重要性(2)国交省の役割の重要性(成長戦略など)(3)求められる人材像--などを語る。</p> <p> 前原国交相は昨年9月の就任時、国交省の職員を前に「日本の今後をみなさんと共に作りたい」とあいさつするなど、優秀な人材の獲得・育成に意欲的とされる。【大場伸也】<br /> 2010年3月26日 2時30分
(続きを読む)(毎日新聞100326)
(東京都発行東京都職員採用情報第30号100319より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第72号100228より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 国家公務員採用、大幅な抑制も…総務相表明(読売新聞100321) | トップページ | 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」のお知らせ »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国家公務員採用、大幅な抑制も…総務相表明(読売新聞100321) | トップページ | 「平成22年度霞が関特別講演(前期)」のお知らせ »