« 国家公務員の純減目標達成へ=5年間で1万7000人超に-総務省(時事通信091225) | トップページ | 地方公務員数、過去最少を更新=行革推進で285万人-総務省定員調査(時事通信091228) »

2009/12/28

地方公務員給与、6年連続国を下回る=ラス指数98.5-総務省調査(時事通信091228)

総務省は28日、今年4月1日現在の地方公務員給与実態調査結果を公表した。国家公務員を100とした場合の地方公務員(一般行政職)の基本給水準を表すラスパイレス指数は6年連続で国を下回り、98.5(前年比0.2減)となった・・・。<br />  諸手当を含めた平均給与月額(全職種)は38万9618円(平均43.1歳)。各自治体独自の給与カットや、給与水準が比較的高い団塊世代の高齢職員の大量退職により、前年を4990円下回った。約8割の自治体が地域手当を設けていないことなどから、国家公務員の平均月額40万6463円(41.9歳)より1万6845円低かった。<br />  団体区分別のラス指数は、都道府県98.7、政令市101.4、一般市98.4、町村94.6。100未満の自治体は全体の約85%に当たる1571団体だった。全自治体のうちラス指数が最も高いのは東京都府中市で105.4。最低は財政再建団体である北海道夕張市で68.8だった。 </p> <p>◇ラス指数上位・下位3団体<br /> 【上位団体】<br /> 〔都道府県〕<br /> (1)静岡県    103.8<br /> (2)東京都    103.6<br /> (3)埼玉県    102.8<br /> 〔市町村〕<br /> (1)東京都府中市 105.4<br /> (2)東京都調布市 104.7<br />  兵庫県西宮市 104.7<br /> (3)横浜市    104.6<br /> 【下位団体】<br /> 〔都道府県〕<br /> (1)岡山県     91.9<br /> (2)大阪府     92.2<br /> (3)徳島県     92.7<br /> 〔市町村〕<br /> (1)北海道夕張市  68.8<br /> (2)大分県姫島村  73.7<br /> (3)北海道留萌市  74.5</p> <p>(2009/12/28-16:47)
(続きを読む)(時事通信091228)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 国家公務員の純減目標達成へ=5年間で1万7000人超に-総務省(時事通信091225) | トップページ | 地方公務員数、過去最少を更新=行革推進で285万人-総務省定員調査(時事通信091228) »

公務員関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国家公務員の純減目標達成へ=5年間で1万7000人超に-総務省(時事通信091225) | トップページ | 地方公務員数、過去最少を更新=行革推進で285万人-総務省定員調査(時事通信091228) »