« 公務員採用試験:身障者職員採用、求められる「職場介助」 神奈川県では6人に各1人(毎日新聞091221) | トップページ | 地方公務員給与、6年連続国を下回る=ラス指数98.5-総務省調査(時事通信091228) »

2009/12/26

国家公務員の純減目標達成へ=5年間で1万7000人超に-総務省(時事通信091225)

総務省は25日、2010年度の国家公務員定員の審査結果を発表した。定員は09年度末に比べ7682人純減し、30万2272人になる・・・。国家公務員の純減数は06-10年度の5年間で累計1万7482人となり、政府が目標とする1万6721人を達成することになった。 <br />  政府は従来、10年度末までの5年間の純減目標を1万8936人以上に設定していた。しかし、独立行政法人の見直しに関する同日の閣議決定で、林野庁の森林管理部門と気象研究所の独法化を凍結した。これに伴い、純減目標から二つの組織で働く計2215人を除外、純減目標も下方修正された。(2009/12/25-22:50)
(続きを読む)(時事通信091225)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 公務員採用試験:身障者職員採用、求められる「職場介助」 神奈川県では6人に各1人(毎日新聞091221) | トップページ | 地方公務員給与、6年連続国を下回る=ラス指数98.5-総務省調査(時事通信091228) »

公務員関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公務員採用試験:身障者職員採用、求められる「職場介助」 神奈川県では6人に各1人(毎日新聞091221) | トップページ | 地方公務員給与、6年連続国を下回る=ラス指数98.5-総務省調査(時事通信091228) »