« 【東京】人材確保へ各区躍起 区職員採用 希望者多く4回追加(東京新聞091221) | トップページ | 公務員採用試験:身障者職員採用、求められる「職場介助」 神奈川県では6人に各1人(毎日新聞091221) »

2009/12/22

公務員採用試験:身障者向け、点字実施は20道府県 民間団体が調査「是正を」(毎日新聞091221)

身体障害のある受験者に限定した都道府県の公務員採用試験(特別枠)で、点字受験を認めているのは半数以下の20道府県しかないことが、「障害者欠格条項をなくす会」(東京都)の調査で分かった・・・。既に毎日新聞の調査で、政令市と県庁所在市など計51自治体の一般事務職試験で点字受験できるのは6割未満と判明。身体障害者向けに限った試験でも、多くの自治体が視覚・聴覚障害者の受験を制限している実態が明らかになった。</p> <p> 調査は、各自治体のホームページに公開された身体障害者対象の職員採用試験案内など(一部に学校事務を含む)を確認する方法で実施。特別枠試験がない群馬、富山両県を除く45都道府県が対象。</p> <p> 点字受験ができることを明記するのは、北海道▽青森▽岩手▽宮城▽秋田▽埼玉▽千葉▽神奈川▽静岡▽京都▽大阪▽兵庫▽和歌山▽高知▽福岡▽長崎▽熊本▽宮崎▽鹿児島▽沖縄の計20道府県。一方、東京など多くの自治体が受験資格に「活字印刷文に対応できること」と明記し、視覚障害者を制限している。</p> <p> 手話通訳者の要・不要を問うなどの記述が確認できたのは22道府県。徳島、愛媛両県は受験資格に「口頭による試験に対応できること」などと明記して手話通訳を認めず、それ以外の自治体も大半は手話通訳を想定していない。同会事務局長で聴覚障害のある臼井久実子さんは「活字や音声を扱えなければ、仕事ができないという思い込みが強いのではないか。明らかに差別で、是正すべきだ」と話している。【遠藤哲也】
(続きを読む)(毎日新聞091221)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 【東京】人材確保へ各区躍起 区職員採用 希望者多く4回追加(東京新聞091221) | トップページ | 公務員採用試験:身障者職員採用、求められる「職場介助」 神奈川県では6人に各1人(毎日新聞091221) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【東京】人材確保へ各区躍起 区職員採用 希望者多く4回追加(東京新聞091221) | トップページ | 公務員採用試験:身障者職員採用、求められる「職場介助」 神奈川県では6人に各1人(毎日新聞091221) »