« 平成22年度国家公務員採用 I 種試験の日程について(人事院人材局091218) | トップページ | 4年生、内定率低迷 冷え冷え就活越年…大手志向 ネット活用も裏目(読売新聞091220) »

2009/12/20

公務員改革:天下り監視に新組織…人材センター廃止(毎日新聞091220)

政府が来年の通常国会で提出を目指す公務員制度改革関連法案の概要が19日、判明した。民主党が「天下りバンク」と批判していた「官民人材交流センター」と、「再就職等監視委員会」を廃止し、「公務員人事適正化センター」(仮称)を来年4月、内閣府に設置する・・・。独立行政法人などへの現役国家公務員の出向の管理や、「隠れ天下り」の監視にあたり、民主党政権が掲げる天下りの根絶を目指す。</p> <p> 鳩山由紀夫首相が提出を指示している「政治主導確立法案」の一部として提出し、幹部職員の人事を一元管理する「内閣人事局」の設置も盛り込む。</p> <p> 官民人材交流センターは自公政権が設置。各省が行っていた天下りあっせんをやめさせ、「再就職」と位置づけて一元管理していた。再就職等監視委員会は、同センターのあっせんを監視し、公務員OBによる各省への働きかけなどを監視する役割があった。</p> <p> 首相は天下りあっせんの禁止を9月末に各閣僚に指示しており、不要になった両組織は廃止する。ただ、早期勧奨退職の対象となる職員を、退職させずに現役のまま独法に出向させたり、役員以外の嘱託職員として再就職させるなど「隠れ天下り」が行われているケースもあり、監視のための「公務員人事適正化センター」の設置が必要と判断した。</p> <p> 監視委の委員人事は国会の同意が必要だったが、自公政権下の「ねじれ国会」の中、一度も同意されないまま廃止されることになる。【小山由宇】<br /> 2009年12月20日 2時30分 更新:12月20日 2時30分
(続きを読む)(毎日新聞091220)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 平成22年度国家公務員採用 I 種試験の日程について(人事院人材局091218) | トップページ | 4年生、内定率低迷 冷え冷え就活越年…大手志向 ネット活用も裏目(読売新聞091220) »

公務員関連」カテゴリの記事

立法・行政関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成22年度国家公務員採用 I 種試験の日程について(人事院人材局091218) | トップページ | 4年生、内定率低迷 冷え冷え就活越年…大手志向 ネット活用も裏目(読売新聞091220) »