« 【凍える就活 内定率急落の現場】(1)一流国立大を出たけれど…(産経新聞091215) | トップページ | 11年春の新卒採用「減らす」が9・3%、氷河期続く リクルート調査(産経新聞091216) »

2009/12/16

【和歌山】職員採用試験:健康申告書、全市町「提出求めない」--県が確認 /和歌山(毎日新聞091215)

県内の一部市町が職員採用試験時に健康状況の自己申告書や健康診断書の提出を求めていたことが分かり、実施していた全市町が県などからの指摘を受けて、今年度以降の試験で提出を求めない決定をした・・・。14日の県議会総務委員会で、県が明らかにした。</p> <p> 県は「人権上問題があり、(中止を)強く求めた」と説明している。</p> <p> 県によると今年9月、県教委を通じて岩出市の採用試験について情報が寄せられ、事態を把握。県内全市町村を調査し、和歌山や紀の川、御坊など7市町で実施されていることを確認した。一部市町では、今年度実施の試験で既に提出を求めていたが、急ぎ取りやめたという。</p> <p> 自己申告書では「歩行に不自由がある」といった身体的な問題や、心の健康について尋ねる設問もあった。</p> <p> 採用時の健康診断について、厚生労働省は民間企業向けに、客観的・合理的に必要な場合を除き、実施すべきでないとの見解を示している。地方公務員法は採用試験の方法として筆記試験などとともに「身体検査」を挙げているが、総務省は「消防士採用などの実技試験を念頭に置いたもの」との見解を示している。【最上聡】</p> <p>毎日新聞 2009年12月15日 地方版
(続きを読む)(毎日新聞091215)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 【凍える就活 内定率急落の現場】(1)一流国立大を出たけれど…(産経新聞091215) | トップページ | 11年春の新卒採用「減らす」が9・3%、氷河期続く リクルート調査(産経新聞091216) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【凍える就活 内定率急落の現場】(1)一流国立大を出たけれど…(産経新聞091215) | トップページ | 11年春の新卒採用「減らす」が9・3%、氷河期続く リクルート調査(産経新聞091216) »