« 167人が合格=国家公務員の中途採用試験(時事通信091204) | トップページ | 【福井】就職内定率厳しく 県内大卒など前年同月12ポイント下回る 福井(産経新聞091212) »

2009/12/11

地方公務員採用試験:点字受験、4割不可 保育士試験、4市のみ--51自治体調査(毎日新聞091211)

地方公務員採用試験(一般事務職)で点字による受験を認めている自治体は、障害者対象の特別枠試験を含めても56・8%に過ぎないことが、県庁所在市などを対象にした毎日新聞の調査で分かった・・・。全盲の女性保育士(31)の受験を大阪市が門前払いしたことが明らかになった保育士採用試験ではわずか7・8%だった。就労機会が十分に保障されていない実態が浮き彫りになった。【遠藤哲也】</p> <p> 調査は12月初めまでに、保育士採用試験を担当する県庁所在市と東京都(特別区人事委)、18の政令市の計51の自治体を対象に実施、すべてが回答した。</p> <p> 一般事務職で点字受験を認めているのは29自治体。うち、障害のない人が主に受ける通常の試験での許可は、札幌▽山形▽前橋▽川崎▽京都▽大阪▽堺▽福岡▽長崎▽大分▽宮崎の11市と東京特別区。別枠の障害者対象試験で門戸を開いているのは、09年度から始めた、さいたま▽新潟▽神戸など27市だった。</p> <p> 一方、「認めない」と答えたのは17市。理由は「勤務で一定の配慮が必要な重度視覚障害者の採用は想定していない」(水戸市)、「拡大文字で受験できる障害の程度でなければ、業務遂行に支障がある」(高松市)などで、自治体によって「可否」の判断基準に大きな違いが出た。5市は「未定」だった。</p> <p> また保育士採用試験で点字受験を認めたのは、方針を変更した大阪市を含め、山形▽前橋▽山口の4市のみ。</p> <p> 一方、不可は26市。理由は「配置や業務分担などが困難」(熊本市)など。</p> <p> 「点字試験の準備が困難」(福島市)との回答もあった。残り21自治体は「未定」や採用試験を現在実施していない。</p> <p> 障害者雇用促進法で地方自治体などには法定雇用率(2・1%)が定められており、厚生労働省と総務省は同法に基づき、各都道府県などに対して障害者雇用の促進を求める通知を出している。しかし、「地方分権なので、地方自治体を指導する権限は国にない」(同省公務員課)と強制力のない助言にとどまっている。</p> <p>毎日新聞 2009年12月11日 東京朝刊
(続きを読む)(毎日新聞091211)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 167人が合格=国家公務員の中途採用試験(時事通信091204) | トップページ | 【福井】就職内定率厳しく 県内大卒など前年同月12ポイント下回る 福井(産経新聞091212) »

公務員関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 167人が合格=国家公務員の中途採用試験(時事通信091204) | トップページ | 【福井】就職内定率厳しく 県内大卒など前年同月12ポイント下回る 福井(産経新聞091212) »