« 中央省庁インターンシップ情報(人事院091126) | トップページ | 政党ビラ配布、有罪確定へ 最高裁が上告棄却(日本経済新聞091130) »

2009/11/30

【奈良】奈良市職員採用試験:競争率、一般事務55倍 狭き門に /奈良(毎日新聞091129)

奈良市は、今年度の市職員採用試験の応募状況を発表した。一般事務職の競争率は約55倍で、昨年度(約21倍)をはるかに上回る狭き門となった・・・。</p> <p> 一般事務職採用予定人数は30人で、これに対し応募は1650人に上った。欠席者は582人で、実際1次試験を受験したのは1068人だった。倍率は06年度の約15倍以後、徐々に増加していたが、今年度は急増した。</p> <p> 2次・3次試験を経て、12月下旬に合格者が発表される。市人事課は「不況での公務員志向が高まっているうえ、市長選で採用時期が約1カ月遅れたことも影響したのでは」と分析している。【泉谷由梨子】
(続きを読む)(毎日新聞091129)
(東京都発行東京都職員採用情報第22号091009より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第65号091114より転載許諾済)

新規オープン! 就活☆情報局(試験運用中)
数判推100問! 就活☆勉強会

|

« 中央省庁インターンシップ情報(人事院091126) | トップページ | 政党ビラ配布、有罪確定へ 最高裁が上告棄却(日本経済新聞091130) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中央省庁インターンシップ情報(人事院091126) | トップページ | 政党ビラ配布、有罪確定へ 最高裁が上告棄却(日本経済新聞091130) »