« 公務員定年、段階的に65歳に…有識者会議(読売新聞090724) | トップページ | 40、50代から地方公務員の道 中途採用の年齢制限を撤廃へ(読売新聞090723) »

2009/07/25

【長野】市職員採用、過半数辞退~千曲市~(読売新聞090725)

千曲市で、今年度採用を予定していた15人のうち8人が辞退、7人だけになるという「異例の事態」(市総務課)が起きた・・・。うち2人は大学院への進学が理由と分かっているが、残りは国や県などの公務員試験と併願しており、そちらに流れた可能性が高いという。市では「不況の影響で公務員人気もあり、受験者も増えたのに……」と思わぬ結果に頭を抱えている。</p> <p> 昨年8月に実施した採用試験には、2003年の合併以来最多の197人が受験。数年前から受験時の「住所要件」を外し、採用時に同市に住所登録すればいいとしたことも、受験者増に拍車がかかった。</p> <p> 辞退者の併願先は、国、県、消防に2人ずつ。</p> <p> 市総務課の担当者は「面接などの様子から、民間に流れたのではなく、同じ公務員になったと思う。その意味では、公務員人気は高いと言えるが、ここまで当市の辞退が多いのは意外だった」と話す。</p> <p> 市では、不足分を嘱託職員の採用で、まかなっている。</p> <p>(2009年7月25日 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞090725)
(東京都発行東京都職員採用情報第16号090612より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第57号090714より転載許諾済)

|

« 公務員定年、段階的に65歳に…有識者会議(読売新聞090724) | トップページ | 40、50代から地方公務員の道 中途採用の年齢制限を撤廃へ(読売新聞090723) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公務員定年、段階的に65歳に…有識者会議(読売新聞090724) | トップページ | 40、50代から地方公務員の道 中途採用の年齢制限を撤廃へ(読売新聞090723) »