« 「平成21年度霞が関特別講演」のお知らせ | トップページ | 【福岡】09年度県職員採試申込者 「大卒」25.3%増 伸び 過去20年で最大 「景気後退で公務員志向」(西日本新聞090616) »

2009/06/15

自治体職員の平均年収「700万円超」1割 08年4月時点(日本経済新聞090614)

都道府県、市区町村を合わせた全国の自治体の1割にあたる187の自治体で、職員の平均年収が700万円を超えていることがわかった・・・。総務省がこのほど開示した自治体別の平均給料と諸手当、ボーナスを合計して2008年4月時点の平均年収を推定した。最高は東京都多摩市の845万円。民間の給与水準が低い地域を中心に、公務員の厚待遇への批判が強まりそうだ。<br />  地方公務員の給与水準はこれまで、国家公務員の給料を100とする「ラスパイレス指数」で基本給のみを対象に比較されてきた。今回、教職員と警察官、臨時職員を除く一般職員について、日本経済新聞が月額の給料や諸手当をもとに平均年収を算出した。(14日 12:01)
(続きを読む)(日本経済新聞090614)
(東京都発行東京都職員採用情報第16号090612より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第55号090614より転載許諾済)

|

« 「平成21年度霞が関特別講演」のお知らせ | トップページ | 【福岡】09年度県職員採試申込者 「大卒」25.3%増 伸び 過去20年で最大 「景気後退で公務員志向」(西日本新聞090616) »

公務員関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平成21年度霞が関特別講演」のお知らせ | トップページ | 【福岡】09年度県職員採試申込者 「大卒」25.3%増 伸び 過去20年で最大 「景気後退で公務員志向」(西日本新聞090616) »