« 【香川】競争率21・4倍の高倍率/09年度県職員採用試験(四国新聞090617) | トップページ | 女性キャリア候補、初の2割超え 国家公務員I種合格者発表(産経新聞090623) »

2009/06/21

明治など4大学が「就活」スクラム、合同企業説明会開催へ(読売新聞090620)

昨年まで売り手市場だった有名大の学生の就職状況が今年は一転し、6月に入っても内定がない学生が大勢いる苦境に危機感を抱いた明治、法政、中央、日本女子の4大学が共催し、8月に合同企業説明会を開くことを決めた・・・。大手企業も含め200社に参加を要請中。全国区の大学がタッグを組んで「合説」を催すのは異例で、大学側は「各校のブランド力を結集し、1人でも内定に結びつけたい」と必死だ。</p> <p><br />  各大学では例年、5月中に複数の企業から内々定をもらう学生もおり、7月には就職希望者の8割が内々定を獲得。8月以降は、公務員試験に失敗して民間志望に変えた学生などから個別相談に応じていた。</p> <p> ところが、今年は不況の影響で企業の採用数が激減。リクルートによると、来春卒業予定の大学生・院生の就職求人倍率の推計(2月9日~3月12日)は前年同期比0・52ポイント悪化の1・62倍で、7年ぶりの前年割れ。大企業に限ると、求人総数は約16万人で前年比23・5%減り、求人倍率は0・55倍。6月に入っても内定ゼロの学生が目立つという。</p> <p> 明治大では就職希望者の5月末の内々定保有率が40%と、昨年より10ポイント減。女子だと保有率は約30%に落ち込んでいる。他校でも100社以上申し込んだのに全滅の学生がいるほか、「何度も最終面接で落とされる」(中央大)、「『迷ったら採用』が方針だった企業から、今年は『迷ったら落とす、に変えた』と言われた」(法政大)、「就職をあきらめかけている学生もいる」(日本女子大)と悲鳴を上げている。</p> <p> このため、学部生の数がいずれも3万人弱で、大手都銀やメーカーなど就職先も共通する明治、法政、中央と、女子の就職にノウハウを持つ日本女子大が協力し、合同説明会を開くことにした。</p> <p> リクルートによると、地方大や自治体などが合同説明会を企画する例は多いが、「有名大が一緒に大規模な説明会を開くのは珍しい」という。法政大キャリアセンターの河野一麿事務部長は「普段はライバルだが、逆境は協力して乗り越えねば」。明治大就職キャリア支援部の杉林宏茂事務長も「知名度がある大学の共催による説明会は、大企業の人事担当者にとってもインパクトがあるはず」と期待する。</p> <p> 開催日は、国家公務員採用2種試験が終わる8月上旬の予定で、明治か法政のキャンパスを会場に、計200社を目標に参加企業を募る。すでに採用を終えた大企業にも特別採用枠を設けてもらうよう交渉する。</p> <p>(2009年6月20日16時08分 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞090620)
(東京都発行東京都職員採用情報第16号090612より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第55号090614より転載許諾済)

|

« 【香川】競争率21・4倍の高倍率/09年度県職員採用試験(四国新聞090617) | トップページ | 女性キャリア候補、初の2割超え 国家公務員I種合格者発表(産経新聞090623) »

企業動向関連」カテゴリの記事

公務員関連」カテゴリの記事

景気関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【香川】競争率21・4倍の高倍率/09年度県職員採用試験(四国新聞090617) | トップページ | 女性キャリア候補、初の2割超え 国家公務員I種合格者発表(産経新聞090623) »