« 10年春の大卒採用、都道府県は18%増 団塊退職を補充、日経調べ(日本経済新聞090606) | トップページ | 【愛知】県職員採用試験:倍率、7年ぶりに前年度より上昇 不況反映し9.8倍(毎日新聞090611) »

2009/06/11

【鹿児島】県職員採用 応募4割増 「不況や安定志向が背景」(西日本新聞090611)

鹿児島県人事委員会は10日、本年度の県職員採用上級試験の受験申込者が832人で、前年度に比べ4割増えたと発表した・・・。定員が前年度より15人増え40人になったため、倍率は下がったが、同委員会は「民間企業の採用抑制による影響や、受験者の安定志向が、申込者の急増につながったのではないか」と分析している。</p> <p> 県は厳しい財政を背景に、近年、職員採用を抑制しており、それに伴い申込者も年々減少。2003年度は1250人だったが、06年度からは500人台となり、08年度は579人。</p> <p> 本年度の上級試験の募集は5月12-28日に実施した。職種別では特に、行政が451人と前年度320人から急増。倍率も30.1倍と同3.4ポイント上がった。警察事務も同36人多い127人。定員が前年度の1人から4人増えた土木や化学1も、倍率は下がったものの、申込者は前年度より18-26人増えた。1次試験は今月28日に行われる。</p> <p> また、現在募集中の鹿児島市の職員採用試験でも、9日までに、前年度同期の1.6倍の187人が申し込んだ。同市の申込者は年々減少していたといい、同市人事課は「これだけ増えることは近年にないこと」と驚いている。</p> <p>=2009/06/11付 西日本新聞朝刊=
(続きを読む)(西日本新聞090611)
(東京都発行東京都職員採用情報第14号090529より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第54号090528より転載許諾済)

|

« 10年春の大卒採用、都道府県は18%増 団塊退職を補充、日経調べ(日本経済新聞090606) | トップページ | 【愛知】県職員採用試験:倍率、7年ぶりに前年度より上昇 不況反映し9.8倍(毎日新聞090611) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年春の大卒採用、都道府県は18%増 団塊退職を補充、日経調べ(日本経済新聞090606) | トップページ | 【愛知】県職員採用試験:倍率、7年ぶりに前年度より上昇 不況反映し9.8倍(毎日新聞090611) »