« 合計特殊出生率1.37 3年連続で上昇 人口自然減は過去最大(産経新聞090603) | トップページ | 10年春の大卒採用、都道府県は18%増 団塊退職を補充、日経調べ(日本経済新聞090606) »

2009/06/05

【栃木】県・学校職員応募14%増 不景気で公務員人気(読売新聞090605)

県は、今年度の県職員と小中学校事務職員の採用試験(大学卒業程度)の応募者が計1491人で、前年度比14%増加したと発表した・・・。不景気で民間企業が採用を控える中、公務員人気が高まったとみられる。</p> <p> 今年度は行政や薬剤師など9職種で計100人程度の採用を予定しており、「建築」「土木」など6職種で前年度を上回る申し込みがあった。中でも、県警で事務などを担当する「警察行政」は前年度比約3・5倍の186人、小中学校事務職員には、現行の試験区分となった1997年度以降最多の299人(前年度比27%増)が応募した。同事務職員は定員8人程度で競争倍率約37倍。募集職種の中で最も狭き門となっている。</p> <p> 今月28日に第1次試験が行われ、論文や面接を経て、9月上旬に合格者が発表される。<br /> (2009年6月5日 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞090605)
(東京都発行東京都職員採用情報第14号090529より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第54号090528より転載許諾済)

|

« 合計特殊出生率1.37 3年連続で上昇 人口自然減は過去最大(産経新聞090603) | トップページ | 10年春の大卒採用、都道府県は18%増 団塊退職を補充、日経調べ(日本経済新聞090606) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 合計特殊出生率1.37 3年連続で上昇 人口自然減は過去最大(産経新聞090603) | トップページ | 10年春の大卒採用、都道府県は18%増 団塊退職を補充、日経調べ(日本経済新聞090606) »