« 【京都】府警の採用 応募不調(読売新聞090415) | トップページ | 推計人口、過去最多の40道府県で減少 08年10月1日現在(日本経済新聞090416) »

2009/04/15

【山梨】県職員中途採用 狭き門に 競争率34倍、安定志向背景か(山梨日日新聞090415)

雇用情勢の急速な悪化を受け、山梨県職員の中途採用試験の応募者が殺到している。5人の採用予定枠に対して13日現在の応募者は170人で、競争倍率は34倍に上った・・・。県は応募者の増加によって「優秀な人材を確保できる可能性がある」とみて、採用枠の拡大を検討している。 <br />  中途採用試験は、大学卒業後、民間企業などで5年以上の勤務経験がある人が対象。合格者は原則として来年4月の入庁となるが、勤務可能な場合は今年10月からの採用もあり得るという。 <br />  今月3日から21日まで応募を受け付けていて、13日現在の応募者は前年同期(64人)の2・7倍で、すでに昨年の最終的な応募者(106人)も大きく上回っている。急増している要因について、県人事委員会は「景気悪化で民間企業の採用が減ることを想定し、安定した公務員に人気が集まったのではないか」としている。 <br />  雇用情勢の悪化を踏まえ、県は本年度の中途採用予定者を昨年より4人増やした。今後は「離職者が増加している実態を踏まえ、中途採用枠を最大で10人まで広げることを検討する」(県人事課)としている。
(続きを読む)(山梨日日新聞090415)
(東京都発行東京都職員採用情報第10号090401より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第51号090414より転載許諾済)

|

« 【京都】府警の採用 応募不調(読売新聞090415) | トップページ | 推計人口、過去最多の40道府県で減少 08年10月1日現在(日本経済新聞090416) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【京都】府警の採用 応募不調(読売新聞090415) | トップページ | 推計人口、過去最多の40道府県で減少 08年10月1日現在(日本経済新聞090416) »