« 公務員法改正案 幹部人事はうまくいくのか(4月4日付・読売社説)(読売新聞090404) | トップページ | 人事院が民間賞与を緊急調査 公務員減額視野に(産経新聞090406) »

2009/04/04

【新潟】不況だからこそ優秀な人材を 県警が積極採用へ(読売新聞090404)

団塊世代のベテラン警察官を中心に、「大量退職時代」を迎えている県警が、今年度の採用試験で過去最多の240人以上を採用する予定だ。不景気で民間企業が新規雇用を絞る中、優秀な人材が集まることが期待されており、県警は、「警察官を目指す若者にとって最大のチャンス。一人でも多くの人に受験してほしい」と呼びかけている・・・。</p> <p> 県警警務課によると、今春の試験で、今秋採用予定の男性警察官94人程度と、来春採用予定の男女の警察官81人程度を選考する。</p> <p> 今秋の試験でも少なくとも65人を採用する方向で、1年間に計240人超を選抜する。これまでの最多は、定年退職者が急増した2007年度の239人で、過去5年間の採用者は140~239人だった。採用人員が増えたのは、来春の退職者が引き続き150人規模と、高い水準が予想されるのに加え、前年の採用欠員が30人を超え、県警の定員が増員されたことも影響している。</p> <p> 県警の採用試験の競争倍率は昨年までは、好景気で公務員志向の若者が減った影響で、低下傾向にあった。1998年には約18倍だったが2008年は6倍に下がり、県警は、大卒の若手警察官を出身大学に派遣したり、一斉メールで受験を呼びかけたりしてきた。採用人数が増える今年度の試験では、「不況で受験者増も予想される。倍率が上がれば優秀な人材が確保でき、多くの若者に受験を呼びかけたい」としている。</p> <p> 今春の採用試験の日程は1次が5月10日で、受付期間は今月14日まで。問い合わせは県警警務課採用係(025・280・0334)か県警ホームページ(http://www.police.pref.niigata.jp/)、各警察署、交番、駐在所へ。</p> <p>(2009年4月4日 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞090404)
(東京都発行東京都職員採用情報第10号090401より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第48号090228より転載許諾済)

|

« 公務員法改正案 幹部人事はうまくいくのか(4月4日付・読売社説)(読売新聞090404) | トップページ | 人事院が民間賞与を緊急調査 公務員減額視野に(産経新聞090406) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公務員法改正案 幹部人事はうまくいくのか(4月4日付・読売社説)(読売新聞090404) | トップページ | 人事院が民間賞与を緊急調査 公務員減額視野に(産経新聞090406) »