« 「総合職」は最大1000人=公務員の新採用試験−人事院検討会(時事通信090319) | トップページ | 【和歌山】和歌山市採用試験に569人 就業経験者対象 行政事務職は53倍(読売新聞090322) »

2009/03/21

「採用試験の在り方を考える専門家会合」報告書について(人事院人材局090319)

人事院は、平成20年6月から「採用試験の在り方を考える専門家会合」(座長:高橋滋 一橋大学大学院法学研究科教授)を開催し、同専門家会合において、採用試験の基本的な見直しについて、専門的な見地から実務的な検証・検討が行われてきたところ、このたび、別添の報告書が取りまとめられた。

同報告書においては、国家公務員採用試験の現状と課題について分析が行われた上で、新たな採用試験の枠組みについて、基本的な方向性が示されている。

人事院としては、今後、専門家会合の報告書の内容を踏まえ、採用試験の見直しの具体化について、早急に検討を進めていくこととしたい。・・・
(続きを読む)(人事院人材局090319)
(東京都発行東京都職員採用情報第8号090317より転載許諾済)(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第48号090228より転載許諾済)

|

« 「総合職」は最大1000人=公務員の新採用試験−人事院検討会(時事通信090319) | トップページ | 【和歌山】和歌山市採用試験に569人 就業経験者対象 行政事務職は53倍(読売新聞090322) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「総合職」は最大1000人=公務員の新採用試験−人事院検討会(時事通信090319) | トップページ | 【和歌山】和歌山市採用試験に569人 就業経験者対象 行政事務職は53倍(読売新聞090322) »