« 公務員になりたい就活生 民間の採用鈍化で志願者急増中(朝日新聞090302) | トップページ | 【2030年】第1部 働く場所はありますか(6) 21歳の「ハローワーク」 東大生も「雇用に不安」(産経新聞090307) »

2009/03/06

10年度の公務員配置転換352人=計画達成見通し−雇用調整本部(時事通信090306)

政府は6日午前、国会内で国家公務員雇用調整本部(本部長・河村建夫官房長官)の会合を開き、2010年度までに国家公務員を05年度比5.7%以上純減させる政府目標達成に向けた10年度の配置転換の実施計画を決定した・・・。農水、国土交通両省の職員352人を財務省や法務省などに配置転換させる。<br />  政府は、07年度から4年間で両省職員2908人を配置転換する全体計画を掲げており、10年度が最終年度となる。07、08両年度に実施した配置転換は計1531人で、09年度は705人を内定。今回の決定により、4年間の総数は2588人だが、自己都合による退職者などを加えると、計画は達成される見通しだ。 <br />  甘利明行政改革担当相は同日の閣議で、同本部の決定を報告。その後の記者会見で「再配置にこれだけかかってしまったこと自身が国家公務員制度の硬直性を象徴している」と述べ、公務員制度改革に取り組む考えを強調した。(了)<br /> (2009/03/06-11:54)
(続きを読む)(時事通信090306)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第48号090228より転載許諾済)

|

« 公務員になりたい就活生 民間の採用鈍化で志願者急増中(朝日新聞090302) | トップページ | 【2030年】第1部 働く場所はありますか(6) 21歳の「ハローワーク」 東大生も「雇用に不安」(産経新聞090307) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公務員になりたい就活生 民間の採用鈍化で志願者急増中(朝日新聞090302) | トップページ | 【2030年】第1部 働く場所はありますか(6) 21歳の「ハローワーク」 東大生も「雇用に不安」(産経新聞090307) »