« 【大阪】5人の枠に855人が受験 大阪・摂津市の職員採用(産経新聞090208) | トップページ | 【大阪】大阪・吹田市の職員募集、5人の枠に2700人応募殺到(読売新聞090211) »

2009/02/11

【徳島】説明会に想定超す学生 09年度県職員採用試験、雇用状況の悪化反映(徳島新聞090211)

【写真説明】約250人の学生らが参加した徳島県職員採用説明会=県庁
徳島県人事委員会は十日、二〇〇九年度に実施する県職員採用試験(一般職員・警察官)の受験を目指す人を対象にした説明会を県庁で開いた。初開催のため比較はできないが、雇用状況の悪化を反映してか、会場は人事委の想定を大幅に上回る学生らで埋まり、不況時に高まる公務員人気を示す形となった・・・。</p> <p> 事前の申し込み状況から人事委は百八十人程度を想定していたが、参加者は約二百五十人に膨らんだ。このため、席の増設や資料の追加コピーなど、事務局は対応に追われた。参加は県内外からあり、民間企業に勤める人もいたとみられる。</p> <p> 厳しさを増す雇用情勢を背景に、将来的な安定感から全国的に公務員の人気が高まっているとされる。県職員の受験倍率の推移を過去十年間で見ると、民間が長引く不況にあえいでいた一九九九年度には八五・八倍(行政事務・大卒)という狭き門の時代もあった。</p> <p> 説明会に参加した京都の私立大に通う阿波市出身の男性(21)は「徳島へのUターンが希望。民間企業への就職活動もしているが、非常に厳しく、手応えはない。安定している公務員が第一志望」と話した。徳島大三年の女性(21)は「不況に就職が左右されるような実力では大成しない。そう思って、アピールできる自分を目指して頑張りたい」と自らに言い聞かせていた。</p> <p> 説明会は試験の応募者数が減少傾向にある中、より多くの人に県職員の仕事に関心を持ってもらい、幅広い人材確保を図るのが目的。人事委から試験制度の概要や求められる人材像などの説明があり、参加者は熱心に聞いていた。<br /> 【写真説明】約250人の学生らが参加した徳島県職員採用説明会=県庁<br /> 2009/2/11 10:46
(続きを読む)(徳島新聞090211)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第46号090128より転載許諾済)

|

« 【大阪】5人の枠に855人が受験 大阪・摂津市の職員採用(産経新聞090208) | トップページ | 【大阪】大阪・吹田市の職員募集、5人の枠に2700人応募殺到(読売新聞090211) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【大阪】5人の枠に855人が受験 大阪・摂津市の職員採用(産経新聞090208) | トップページ | 【大阪】大阪・吹田市の職員募集、5人の枠に2700人応募殺到(読売新聞090211) »