« 【大阪】5人枠に2362人殺到=大阪・吹田市の緊急採用試験(時事通信090222) | トップページ | 10年春新卒採用、内需型産業がなお高水準 製造業は削減(日本経済新聞090226) »

2009/02/25

国家公務員法改正案:課長級以上で公募制度導入も(毎日新聞090225)

政府が公務員制度改革を推進するため、今国会に提出を予定する国家公務員法の改正案が24日、明らかになった。各府省の課長級以上の「管理職」、部長級以上の「幹部職」ポストに、新たに政府内外からの登用を可能とする公募制度の導入を明記・・・。重要ポストは「自由任用」が可能で、政権が任用できるようにした。人事院が強く反対していた、各府省の給与ランク別定数を決める「級別定数」などの機能移管も盛り込んだ。政府は3月中の改正案提出を目指す。</p> <p> 幹部人事を一元化するため10年4月に新設する「内閣人事・行政管理局」は名称を確定し、局長を官房副長官級とした。</p> <p> 現行の首相補佐官職を廃止して、新たに「国家戦略スタッフ」を置く。その職務を「首相の命を受け、戦略的に推進すべき重要政策について、首相を補佐する」と定義し、首相官邸機能の強化を目指す。内閣府と各省にも大臣を補佐する「政務スタッフ」を配置。両スタッフの人数は政令で定めることとし、国会議員の就任も可能とした。【塙和也】
(続きを読む)(毎日新聞090225)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第46号090128より転載許諾済)

|

« 【大阪】5人枠に2362人殺到=大阪・吹田市の緊急採用試験(時事通信090222) | トップページ | 10年春新卒採用、内需型産業がなお高水準 製造業は削減(日本経済新聞090226) »

公務員関連」カテゴリの記事

立法・行政関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【大阪】5人枠に2362人殺到=大阪・吹田市の緊急採用試験(時事通信090222) | トップページ | 10年春新卒採用、内需型産業がなお高水準 製造業は削減(日本経済新聞090226) »