« 08年の年間総実労働、初の1800時間割れ 残業代も6年ぶり減少(日本経済新聞090203) | トップページ | 【愛媛】450人の学生が参加、松山で合同採用説明会(愛媛新聞090203) »

2009/02/03

自衛官採用に異変、年度末試験予定なし 中途退職が大幅減(日本経済新聞090203)

自衛官採用に異変が起きている。例年、高校生らを対象にした採用試験は入隊者が足りずに年度末まで繰り返されていたが、今年2、3月は実施されない見通し・・・。景気悪化で再就職先を見つけにくくなった現職自衛官の中途退職の減少などで、採用枠を当初計画の約8割に絞ったのが影響している。防衛省によると、年度末に試験がないのはバブル経済崩壊後の1990年代前半以来という。<br />  高校生らを対象にしているのは2等陸海空士の採用試験。陸士は2年、海士と空士は3年の任期制で、全国50カ所の地方協力本部(地本)が採用を担当している。任期は継続できるほか、特殊車両やパソコンなどの技能を習得し、満了後に民間に転じる隊員も多い。 (16:00)
(続きを読む)(日本経済新聞090203)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第46号090128より転載許諾済)

|

« 08年の年間総実労働、初の1800時間割れ 残業代も6年ぶり減少(日本経済新聞090203) | トップページ | 【愛媛】450人の学生が参加、松山で合同採用説明会(愛媛新聞090203) »

公務員関連」カテゴリの記事

景気関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 08年の年間総実労働、初の1800時間割れ 残業代も6年ぶり減少(日本経済新聞090203) | トップページ | 【愛媛】450人の学生が参加、松山で合同採用説明会(愛媛新聞090203) »