« 学生の就活意識——逆風下の就活は「不安」だけど「楽しみ」!?(東洋経済090130) | トップページ | 【柏木理佳のキャリアアップ講座】今こそ社会に役立つ人材に »

2009/01/31

【滋賀】採用試験に応募殺到 361人 長浜市・競争率78倍も(京都新聞090131)

滋賀県長浜市が実施した4月採用職員の追加募集で、「若干名」の募集に対し、予想を大幅に上回る361人が応募した。事務職は競争率78倍の狭き門となり、市の担当者は「急激な雇用情勢悪化の影響で公務員志望が増えたのでは」とみている・・・。</p> <p> 同市は、退職者の増加に対応するため、4月に採用する職員を1月5−26日に追加募集した。応募者は一般事務職(採用予定数4人程度)に対し313人、電気技術職(同1人)は4人、保育士(同4人)は44人にのぼった。一般事務職の応募者の内訳は、新卒者が61人、社会人などの既卒者が252人だった。</p> <p> 同市が昨年9月に行った本募集(一般事務職4人程度)の応募者は147人で、今回の応募者は2倍以上となっている。既卒者の割合も倍増した。</p> <p> 追加募集の採用試験は2月7日で、急きょ会場を広げたり、試験官を増やして対応するという。
(続きを読む)(京都新聞090131)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第46号090128より転載許諾済)

|

« 学生の就活意識——逆風下の就活は「不安」だけど「楽しみ」!?(東洋経済090130) | トップページ | 【柏木理佳のキャリアアップ講座】今こそ社会に役立つ人材に »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学生の就活意識——逆風下の就活は「不安」だけど「楽しみ」!?(東洋経済090130) | トップページ | 【柏木理佳のキャリアアップ講座】今こそ社会に役立つ人材に »