« 【広島】東広島、呉で公務員志望増加(中國新聞090129) | トップページ | 平成21年度国家公務員採用試験の施行計画(人事院人材局090130) »

2009/01/29

【鹿児島】鹿県職員給料 09年度も6%削減継続(南日本新聞090129)

鹿児島県は29日午前、管理職以外の一般職員給料6%(若年層5%)カットを2009年度も継続する県地方公務員労働組合協議会など職員団体との交渉を、合意に至らないまま終結した。2月20日開会予定の県議会3月定例会に関係条例案を提案する・・・。<br />  給料カットを継続するのは知事部局、県教委、県警の一般職員計約2万3000人。削減総額は約59億円で、1人当たり年間24万7000円の減額となる。<br />  篠原俊博総務部長は「やむを得ず減額することとなる。妥結に至らなかったのは残念。厳しい交渉だったが一定の整理ができた」とコメント。県地方公務員労働組合協議会の佐土原光孝議長は「生活が苦しく我慢も限界だが、撤回させられなかったのは残念。カットありきの予算編成でなく、削減率を少しでも減らすよう取り組んでほしい」と述べた。<br />  県は、07年夏に示した財政収支仮試算に比べ県税収入などが約350億円落ち込む見通しを踏まえ、地方交付税や臨時財政対策債などでカバーしても約260億円の財源不足が生じるとしてカット継続を要請。27日午後から断続的に交渉を続けていたが、議論は平行線だったという。<br />  県は一般職員給料の6%カットや管理職手当削減、特別職の給料カットなどに伴う削減額を約73億円と見込む。残る財源不足分は歳出削減を徹底するほか、行革推進債発行や基金取り崩しなどで対応する。<br />  県は一般職員の給料を04−07年度まで2%カット。本年度は今回同様に労使交渉で合意が得られないまま、原則6%に引き上げていた。
(続きを読む)(南日本新聞090129)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第46号090128より転載許諾済)

|

« 【広島】東広島、呉で公務員志望増加(中國新聞090129) | トップページ | 平成21年度国家公務員採用試験の施行計画(人事院人材局090130) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【広島】東広島、呉で公務員志望増加(中國新聞090129) | トップページ | 平成21年度国家公務員採用試験の施行計画(人事院人材局090130) »