« 【富山】県職員、獣医師が不足 ペットブームの影響で(読売新聞090118) | トップページ | 【柏木理佳のキャリアアップ講座】内定取り消しは1000人以上に!?(産経新聞090119) »

2009/01/18

【岩手】県職員への就職セミナー 33人増の105人参加(読売新聞090118)

県職員を目指す大学生などを対象にした説明会「県庁業務セミナー」が17日、盛岡駅西口のアイーナで開かれた。景気悪化で学生の公務員志向は高まっているとみられ、昨年より33人多い105人が参加し、若手職員の体験談などに耳を傾けた・・・。</p> <p> 県内では年に1度開かれているセミナーでは、まず、達増知事が「グローバル化の中、地方自治こそ行政の核心を担う主役だ」と激励。若手職員2人がこれまでの仕事について語り、採用試験の勉強方法を助言した。</p> <p> 参加学生からは「海外とつながる仕事はあるのか」「育児休暇を取る職員は何人いるのか」などという質問が出された。</p> <p> 出身地の盛岡市での就職を希望し、就職活動のため、福井市から帰省中の大学院生佐々木浩子さん(24)は、「家庭と仕事を両立して働き続けられる仕事に就きたい。不景気なので、親は公務員を勧めてくれています」と話していた。</p> <p> 例年夏に実施されている県職員の採用試験(大卒者対象)の受験者数は、2005年度から1000人を下回り、減少傾向にある。受験資格年齢を引き上げた08年度は前年比99人増の541人が受験し、50人が合格している。</p> <p>(2009年1月18日 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞090118)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第45号090114より転載許諾済)

|

« 【富山】県職員、獣医師が不足 ペットブームの影響で(読売新聞090118) | トップページ | 【柏木理佳のキャリアアップ講座】内定取り消しは1000人以上に!?(産経新聞090119) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【富山】県職員、獣医師が不足 ペットブームの影響で(読売新聞090118) | トップページ | 【柏木理佳のキャリアアップ講座】内定取り消しは1000人以上に!?(産経新聞090119) »