« 冬ボーナス、6年ぶり減 日経中間集計(日本経済新聞081116) | トップページ | 「非正規」3万人が雇用喪失 リストラで内定取り消しも高水準(日本経済新聞081128) »

2008/11/19

【和歌山】県職員採用に特別枠 意欲や行動力評価(読売新聞081119)

県は18日、職員採用1種(大学卒業程度)の特別枠を新設すると発表し、趣旨を「学力試験だけでは測れない、挑戦する意欲や壁を突き破る行動力、精神力を評価したい」とした。スポーツや社会貢献などでの実績を持つ人材を想定し、2010年度に5人程度の採用を予定。仁坂知事は「自分の人生を見てくれと、自己申告する枠があっていいと思う」と話した・・・。</p> <p> 特別枠は採用1種の一般行政職に設ける。高度な語学能力や、青年海外協力隊などの社会貢献活動の経験を持つ人、全国レベルのスポーツ大会で優秀な成績を収めた人などが対象で、筆記(教養、専門)の第1次試験の配点に実績を加味する。今後、教員や警察官の採用でも特別枠の導入を検討するという。</p> <p> 県人事課によると、経験などを加味した採用枠は、東北や九州の県で取り入れられている。岩手県では、意欲や積極性をより重視して、専門の筆記試験の代わりに論文試験を課す枠を設定。秋田県でも、学業以外の経験や知識をアピールしたい志望者のために、提案説明型の面接や論文試験を選べる枠があるという。また佐賀県では、2次試験の面接で、社会貢献の経験や語学、スポーツの成績などに応じて加点している。</p> <p> 県では、実績や能力をどのようにアピールしてもらうかや、具体的な点数の配分は未定だが、仁坂知事は「公務員として採用も担当したことがあるが、ペーパーテストの限界を感じていた」と導入理由を説明した。</p> <p> 2015年には、国体の県内開催が予定されているが、仁坂知事は「国体を意識した制度ではない」と話し、県議会などで「レベルの高いスポーツ選手を県が採用すべき」との議論があることについては「私自身の発案」と関連を否定した。</p> <p>(2008年11月19日 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞081119)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第38号080928より転載許諾済)

|

« 冬ボーナス、6年ぶり減 日経中間集計(日本経済新聞081116) | トップページ | 「非正規」3万人が雇用喪失 リストラで内定取り消しも高水準(日本経済新聞081128) »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬ボーナス、6年ぶり減 日経中間集計(日本経済新聞081116) | トップページ | 「非正規」3万人が雇用喪失 リストラで内定取り消しも高水準(日本経済新聞081128) »