« 「中央省庁セミナー」(学生に対する本府省業務説明会)の実施について | トップページ | メタボリックシンドローム必須条件から腹囲外れる 診断基準国際統一化で »

2008/08/16

国家公務員制度改革推進本部顧問会議メンバー決定

政府は15日、国家公務員制度改革推進本部(本部長・福田康夫首相)の顧問会議のメンバー11人を決定した。安倍前内閣から引き継いだ「公務員制度の総合的な改革に関する懇談会」と7人が重複しており、「福田カラー」は乏しい。日銀総裁人事以来続く人脈の狭さは相変わらずだ・・・。</p> <p> 9月上旬に初会合を開き、各府省の幹部人事を一元化する内閣人事局など改革の「重要事項」を審議し、首相に意見を述べる。茂木敏充行革担当相は会見で「改革の具体策の詰めを行いたい」と述べたが、急進的改革を嫌う首相の意向を尊重し、これまでの路線の延長線上で議論が進む可能性が強い。主なメンバーを継承するこうした人事は教育再生会議の後継組織の「教育再生懇談会」など、福田内閣が新設したほかの組織でも目立っている。</p> <p> 顧問会議のメンバーは次の通り。(敬称略、*印は懇談会と重複)</p> <p> 麻生渡(福岡県知事)▽*岩田喜美枝(資生堂副社長)▽*岡村正(日本商工会議所会頭)▽川戸恵子(TBSシニアコメンテーター)▽*堺屋太一(元経企庁長官)▽桜井正光(経済同友会代表幹事)▽*佐々木毅(学習院大教授)▽*高木剛(連合会長)▽*田中一昭(拓殖大名誉教授)▽御手洗冨士夫(日本経団連会長)▽*屋山太郎(評論家)【塙和也】</p> <p>毎日新聞 2008年8月16日 東京朝刊
(続きを読む)(毎日新聞080816)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第34号080728より転載許諾済)

|

« 「中央省庁セミナー」(学生に対する本府省業務説明会)の実施について | トップページ | メタボリックシンドローム必須条件から腹囲外れる 診断基準国際統一化で »

公務員関連」カテゴリの記事

立法・行政関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「中央省庁セミナー」(学生に対する本府省業務説明会)の実施について | トップページ | メタボリックシンドローム必須条件から腹囲外れる 診断基準国際統一化で »