« メタボリックシンドローム必須条件から腹囲外れる 診断基準国際統一化で | トップページ | 平成20年度国家公務員採用 II 種試験の合格者発表 »

2008/08/24

キャリアの中途採用広がる 公務員志願者減少が影響

中央省庁が幹部候補である「キャリア職員」の中途採用に動き始めた。国土交通省は国家公務員1種採用試験の合格者を対象とする通常の新卒採用とは別に、民間企業などの勤務経験者を3年連続で中途採用するほか、中央省庁で初めて米国での選考にも乗り出す・・・。民間企業の採用活動の前倒しや相次ぐ官公庁の不祥事などで公務員の志望者数は減少傾向にあり、幅広く人材の確保を目指す。<br />  国交省の中途採用は、来年4月時点で民間企業などで5年以上の勤務経験を積んだ人が対象。同省は他省庁に先駆けて、法務や語学など特定分野の経験・能力を求めない中途採用を手掛け、2006年度に2人、07年度に3人を採用。金融機関やマスコミなどの出身者を本省係長職に当たる「キャリア職員」として任用している。 (07:00)
(続きを読む)(日本経済新聞080824)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第34号080728より転載許諾済)

|

« メタボリックシンドローム必須条件から腹囲外れる 診断基準国際統一化で | トップページ | 平成20年度国家公務員採用 II 種試験の合格者発表 »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メタボリックシンドローム必須条件から腹囲外れる 診断基準国際統一化で | トップページ | 平成20年度国家公務員採用 II 種試験の合格者発表 »