« 公務員制度改革 人材確保へ確かな設計図を(7月12日付・読売社説) | トップページ | 防衛省改革最終報告書案の概要 背広組と制服組の混合組織化へ »

2008/07/12

平成19年度における国家公務員の苦情相談の概要

人事院では、一般職非現業の国家公務員の勤務条件や職場におけるいじめ・嫌がらせ等の人事管理全般に関する悩みや苦情について広く相談に応じている。
平成19年度に受け付けた苦情相談件数は1,175件であり、ここ数年は千件を相当上回る水準となっている。人事院へ苦情相談が寄せられる背景としては、職場の人間関係が以前と比べて希薄・疎遠になってきており、職員が相談しようとしても必ずしも相談しやすい職場環境となっていないことや、相談内容からみていわゆるパワハラに関する相談などについては中立第三者機関である人事院に対してならば相談しやすいという事情があるものと考えられる・・・
(続きを読む)(人事院公平審査局080711)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第32号080628より転載許諾済)

|

« 公務員制度改革 人材確保へ確かな設計図を(7月12日付・読売社説) | トップページ | 防衛省改革最終報告書案の概要 背広組と制服組の混合組織化へ »

公務員関連」カテゴリの記事

白書・統計・調査関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公務員制度改革 人材確保へ確かな設計図を(7月12日付・読売社説) | トップページ | 防衛省改革最終報告書案の概要 背広組と制服組の混合組織化へ »