« 平成21年度試験に向けた各種募集関係イベント情報について | トップページ | 平成19年度における II 種・ III 種等採用職員の幹部職員への任用状況等について »

2008/07/29

国家公務員給与,前年度水準に据置へ 08年度給与勧告

人事院(谷公士総裁)は28日、国家公務員一般職への2008年度の給与勧告で、月給について前年度水準に据え置く方向で調整に入った・・・。</p> <p> 月給の据え置き勧告は、06年以来2年ぶりとなる。期末・勤勉手当(ボーナス)については、現在検討している。</p> <p> 人事院は今年5~6月、従業員50人以上の民間事業所約1万1000か所の給与調査を実施した。調査結果では、民間と公務員との給与水準の格差が、前年の1352円(0・35%)を下回り、数百円にとどまった。人事院は、景気の減速に伴い、民間給与水準が伸びていないと判断した。</p> <p> 人事院は、8月第2週をめどに、国会と内閣に対し勧告を行う予定だ。</p> <p>(2008年7月29日03時10分 読売新聞)
(続きを読む)(読売新聞080729)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第34号080728より転載許諾済)

|

« 平成21年度試験に向けた各種募集関係イベント情報について | トップページ | 平成19年度における II 種・ III 種等採用職員の幹部職員への任用状況等について »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成21年度試験に向けた各種募集関係イベント情報について | トップページ | 平成19年度における II 種・ III 種等採用職員の幹部職員への任用状況等について »