« 「平成20年度霞が関インターンシップ」の実施について | トップページ | 国家公務員制度改革,事務局長を決定へ 経団連参与立花氏 »

2008/06/30

公務員に夏のボーナス支給

国家公務員に30日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。総務省によると、管理職を除く一般職の平均支給額は約62万9400円(平均年齢34.9歳)で、昨夏に比べて約4600円(0.7%)増えた・・・。特別職の最高額は福田康夫首相と島田仁郎最高裁長官の約544万円だった。<br />  閣僚は約397万円、国会議員は約302万円。中央省庁の事務次官は約318万円だった。ほぼ同じ時期に支給する一般職の地方公務員のボーナスは約59万8900円(平均年齢36.6歳)で、昨夏比約1400円増にとどまった。 (11:04)
(続きを読む)(日本経済新聞080630)
(人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第32号080628より転載許諾済)

|

« 「平成20年度霞が関インターンシップ」の実施について | トップページ | 国家公務員制度改革,事務局長を決定へ 経団連参与立花氏 »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「平成20年度霞が関インターンシップ」の実施について | トップページ | 国家公務員制度改革,事務局長を決定へ 経団連参与立花氏 »