« 国家公務員制度改革基本法,今日成立へ | トップページ | 市町村職員採用,年齢上限引上げ目立つ 富山 »

2008/06/06

国家公務員制度改革基本法成立

国家公務員制度改革基本法が6日午前の参院本会議で自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決、成立した。内閣による省庁幹部人事の一元管理などを柱とし、今後5年間で取り組む制度改革の内容や手順を規定・・・。政府は近く国家公務員制度改革推進本部(本部長・福田康夫首相)を新設予定で、「縦割り行政」や硬直した人事の是正に向けた制度設計が課題となる。<br />  基本法は(1)公務員人事を一元管理する「内閣人事局」の設置(2)国家公務員一種試験採用者を優遇する「キャリア制度」の廃止(3)労働条件を労使交渉で決められる協約締結権の適用範囲拡大――などを盛り込んだ。<br />  政府の改革推進本部の事務局長には民間人を起用する方針。内閣人事局は2009年に設置し、労働基本権の拡大などほかに必要な法整備は3年以内に措置するとした。13年までには新しい公務員制度がスタートする予定だ。 (11:51)
(続きを読む)(日本経済新聞080606)<br /> (人事院発行国家公務員試験採用情報ニュース第28号改訂版080430より転載許諾済)

|

« 国家公務員制度改革基本法,今日成立へ | トップページ | 市町村職員採用,年齢上限引上げ目立つ 富山 »

公務員関連」カテゴリの記事

立法・行政関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国家公務員制度改革基本法,今日成立へ | トップページ | 市町村職員採用,年齢上限引上げ目立つ 富山 »