« 平成20年度の I種試験・II種試験受験者の官庁訪問について | トップページ | 女性の社会進出に新プログラム策定 女性キャリア比率向上も »

2008/02/29

国家公務員689人を配置転換 09年

政府は29日午前、国家公務員雇用調整本部(本部長・町村信孝官房長官)を開き、国家公務員の純減策の一環として2009年度に689人を配置転換する計画を決めた・・・。このうち各府省の受け入れ分は計678人で、内訳は法務省161人、財務省155人、防衛省124人など。このほか行政機関以外の裁判所などに協力を求める。政府は06年度からの5年間で1万8900人以上の純減目標を定め、配置転換や採用抑制を進めている。昨年3月に決定した08年度の計画数は720人で、達成は目標をやや上回る見通しだ。
(続きを読む)(日本経済新聞080229)

|

« 平成20年度の I種試験・II種試験受験者の官庁訪問について | トップページ | 女性の社会進出に新プログラム策定 女性キャリア比率向上も »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成20年度の I種試験・II種試験受験者の官庁訪問について | トップページ | 女性の社会進出に新プログラム策定 女性キャリア比率向上も »