« 給与削減交渉越年へ,ボーナスは現行条例で支給 兵庫 | トップページ | 「渡り」の斡旋禁止を明記 有識者懇最終報告書 »

2007/12/10

公務員に冬のボーナス支給 平均69万6300円

国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般職(行政職)の平均支給額は約69万6300円(平均年齢34・9歳)で、前年同期比で1万2400円、1・8%アップした・・・。主な特別職の規定支給額は、首相と最高裁長官が約586万円、衆参両院議長約554万円、各府省の次官約343万円、国会議員約330万円。福田首相は就任が9月26日で、在職期間を3割で計算するため、実際の支給額は国会議員分と合わせて約407万円となる。一方、総務省が試算した地方公務員の平均支給額は、管理職を除く一般行政職で約66万2000円(平均年齢36・5歳)となり、前年同期と比べて約1万円増えた。
(続きを読む)(読売新聞071210)

|

« 給与削減交渉越年へ,ボーナスは現行条例で支給 兵庫 | トップページ | 「渡り」の斡旋禁止を明記 有識者懇最終報告書 »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 給与削減交渉越年へ,ボーナスは現行条例で支給 兵庫 | トップページ | 「渡り」の斡旋禁止を明記 有識者懇最終報告書 »