« 【公務員関連ニュース】041005 郵政民営化法案、月内に第一次案・次官級会議も設置 | トップページ | 【公務員関連ニュース】041005 郵便職員の接客をランク付け 官僚的な対応の一掃狙う »

2004/10/05

【今日の一問】041005 2004年ノーベル医学生理学賞

【問題】スウェーデンのカロリンスカ研究所は2004年のノーベル医学生理学賞を,( )を感じる仕組みを解明した米コロンビア大のリチャード・アクセル教授と,米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのリンダ・バック博士の2氏に授与すると発表した。

【解説】スウェーデンのカロリンスカ研究所は4日、2004年のノーベル医学生理学賞を、においを感じる仕組みを解明した米コロンビア大のリチャード・アクセル教授(58)と米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのリンダ・バック博士(57)の2氏に授与すると発表した。自然科学のノーベル賞で女性が受賞するのは1995年以来、バック博士が11人目。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれる。賞金計1000万ユーロ(約1億5000万円)は2氏が折半する。授賞理由は「におい受容体と嗅覚(きゅうかく)系の機構の発見」。両氏は40万−50万種類に及ぶ、においの分子を受け取り、脳が1万種類ものにおいを識別する仕組みをマウスを使ってそれぞれ研究。鼻腔(びくう)の奥の嗅上皮にある嗅細胞にタンパク質でできた約1000種類の「におい受容体」が存在し、それぞれに約1000の遺伝子が対応していることを突き止め、1991年に共同で論文を発表した。両氏の研究によると、受容体はポケットのような構造を持ち、それぞれの構造に合った、におい分子を受け取る。一つの受容体だけで識別できない複雑な分子でも、異なる受容体からの情報を組み合わせて認識できる。五感の中で、においに関する研究は遅れていた。両氏の成果は、においに関する記憶や情報伝達のメカニズムなどの研究にも道を開いた。
■リチャード・アクセル氏 1946年、ニューヨーク生まれ。ジョンズホプキンズ大で医学博士号取得後、78年からコロンビア大教授。同大ハワード・ヒューズ医学研究所の研究リーダーも兼務。
■リンダ・バック氏 1947年、米ワシントン州シアトル生まれ。テキサス大で博士号を取得後、ハーバード大教授などを経て、2002年から米フレッド・ハッチンソンがん研究センター。(共同通信041005)
【正解】におい

当選確率20分の1! 好きな色のiPod miniが当たる & はずれても全員に図書券1,000円
(KIKUCHI Lab. 就職試験勉強会)

|

« 【公務員関連ニュース】041005 郵政民営化法案、月内に第一次案・次官級会議も設置 | トップページ | 【公務員関連ニュース】041005 郵便職員の接客をランク付け 官僚的な対応の一掃狙う »

国際関係・世界経済関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。