« 【公務員関連ニュース】040312 東京消防庁、地下鉄火災の専門部隊を創設 | トップページ | 【公務員関連ニュース】040314 地方公務員の勤務柔軟に、総務省が法改正案 »

2004/03/12

【今日の一問】040312 メキシコとの自由貿易協定(FTA)

【問題】政府はメキシコとの自由貿易協定(FTA)交渉で,協定締結することで最終合意した。日本のFTAは、2002年に発効した( )に次ぎ2カ国目で,農産物を含む包括的なFTAは初めて。

【解説】メキシコとの自由貿易協定(FTA)交渉で、川口順子外相、中川昭一経済産業相、亀井善之農相は12日、協定締結で最終合意するため、メキシコのカナレス経済相、ウサビアガ農相とテレビ電話を通じて会談、協定締結で最終合意した。政府は来年1月の発効に向け、詰めの調整を進める。日本のFTAは、2002年に発効したシンガポールに次ぎ2カ国目。農産物を含む包括的なFTAは初めて。政府は今後、韓国やタイ、フィリピン、マレーシアとのFTA締結交渉を本格化させる。具体的な合意内容は、焦点となっていた工業品分野で、メキシコが鉄鋼の関税を10年以内に撤廃。自動車は現行の無関税枠に加え、協定発効初年度にメキシコ市場の5%相当の新たな無税枠を設定し、段階的に関税を引き下げ7年目に自由化する。日本は農産品でオレンジ果汁に最大6500トンの関税半減枠を設定。豚肉も中・高級品に適用される関税率を、最大8万トンまで半減させる。オレンジ、鶏肉、牛肉にも、それぞれ3年目から日本の国内市場の1%に相当する輸入品に低関税率を適用する。(共同040312)
【正解】シンガポール

|

« 【公務員関連ニュース】040312 東京消防庁、地下鉄火災の専門部隊を創設 | トップページ | 【公務員関連ニュース】040314 地方公務員の勤務柔軟に、総務省が法改正案 »

国際関係・世界経済関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。