« 【公務員関連ニュース】031225 治安関係職員を大幅増 来年度の国家公務員定員 | トップページ | 【公務員関連ニュース】031226 市職員採用:市内在住者に大量加点 千葉・流山市 »

2003/12/26

【公務員関連ニュース】031226 市職員採用:千葉・市川が全国初の年齢制限撤廃

千葉県市川市は、全国で初めて年齢制限を撤廃した来年度の職員採用試験の結果を発表した。合格者は22〜41歳の38人で平均年齢29.4歳。これまで受験資格がなかった30〜40歳代が4割に上った。北海道から沖縄まで全国から計5350人の応募があり、17歳の高校生から定年直前の59歳まで幅広い層にわたった。採用試験は筆記と論文、面接の3段階で行い、40歳代では不動産業を営む男性(41)と設計コンサルタントの男性(40)の2人が、30歳代では大手旅行会社社員やシンクタンクのコンサルタントら13人が合格した。従来28歳までだった年齢制限を超える29歳以上が全体で20人と約53%を占めた。10歳代と50歳代は一人も残らなかった。「初任給」は市の給与規則を改定し、それまでの経験年数に応じて金額を加算する方式を採用する。大卒後18年で40歳の場合、大卒の初任給19万3600円に13万円が加算される。受験動機は「1社の利益より公のために働きたい」と理想を掲げる人が多かったが、「会社の将来に不安があり、安定感のある公務員になりたかった」と本音を漏らす受験者もいたという。同市人事課は「具体的にやりたい仕事の希望を持っている人が多い。キャリアがある人が増え、適材適所で配置できるかが課題だ」と話している。(毎日新聞031218)

|

« 【公務員関連ニュース】031225 治安関係職員を大幅増 来年度の国家公務員定員 | トップページ | 【公務員関連ニュース】031226 市職員採用:市内在住者に大量加点 千葉・流山市 »

公務員関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【公務員関連ニュース】031225 治安関係職員を大幅増 来年度の国家公務員定員 | トップページ | 【公務員関連ニュース】031226 市職員採用:市内在住者に大量加点 千葉・流山市 »